お薬・製品

妊活をはじめましょう!

前回のブログでは、春が近づくと、いろいろな病気や症状によって、特に女性の方々にはトラブルが発生することが少なくないというお話しをしました。

例えば、花粉症に伴う鼻炎や結膜炎、自律神経のトラブルによるイライラや下痢、胃痛、不眠などの症状がこれにあたります。

一方、妊活をはじめようとする方々の中で、生活習慣の乱れや食生活、運動不足などで、春のトラブルに似た不調な状態が原因で妊娠に至らず、過去不妊治療も経験されて上手く行かなかった方も少なからずいらっしゃるかもしれません。

春は、ある意味、不調(未病状態)を改善するタイミングとして、妊活を始める方々にも良いタイミングかもしれません。

では「妊娠しやすい」とは、どんな状態、体調なのかということですが、中医学では、「腎(じん)」、「気(き)」、「血(けつ)」を整えることが妊娠しやすいからだを作るとされています。

先ず、「」を元気にするためには、腎の働きを低下させる要因を改善することであり、その原因は、加齢、冷え、睡眠不足、運動不足、偏食、飲酒ですから、滋養強壮効果のある漢方薬で腎の機能を強化することが考えられます。

次に「」を元気にするためには、気の働きを低下させる要因の改善です。気の巡りが悪くなる要因は、ストレス、不安・心配事ですから、先ず気を落ち着かさせ、流れを改善させるために、逍遥丸などのお薬が用いられます。

最後に「」の巡りですが、これに悪影響を与えるのが、偏食や冷え、極端なダイエットが挙げられます。これらを改善するために婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)や参茸補血丸(さんじょうほけつがん)などが適用されます。

 

中医学/漢方では、実は、婦人病や不妊症の対応は得意分野で、西洋医学の理論も含めた「周期療法」という不妊症の治療法が確立されています。

この周期療法は、ご婦人の体温の変化をみながら、お薬の服用も変更し、健康な体を維持した上で妊娠しやすい体調に持って行く方法です。

 

周期調整法では、これらの基本的な考え方を月経期、卵胞期~排卵期、黄体期にそれぞれ変化を付け適用していきます。

例えば、月経期には、気血の巡りを良くするもの卵胞期~排卵期には、血を養い、腎を補うもの、血の巡りを良くするもの黄体期には、血を養うもの、腎の陽気を補うものというように、基礎体温のステージによって、適用する漢方薬を変えながら体調を整えるという考え方です。

もちろん人によって体質が異なるため、画一的に皆さんに同じ方法を取るわけではなく、その方の個々の体調・体質(証)に応じて、適切な対応方法をご提案出来るのが、漢方/中医学の良い処でもあります。

もしこれから妊活をしようと考えておられるカップルの方々、病院では上手く行かなかったと思われる方々、病院にも行っているけども漢方妊活にも興味があるという方は、是非男性もご一緒に、中田全快薬局までご相談ください。男性も含め、妊娠し易いような体調管理や食生活、生活習慣について、適切なアドバイスと、必要に応じて、お薬のご提案を行います。

「春」は、女性の大敵!?

ここ最近、気温の差が激しくて、温かい日は良いのですが、また寒くなったり、体の調整機能が追いつかずに、風邪を引いたり、原因不明の不調に悩まされていませんか?

漢方/中医学では、春先の気温変化が激しい時候には、肝(かん)の疏泄(そせつ)機能が妨げられ、体の中の血、水、気の巡りが悪くなると言われています。

特に「気」の巡りの悪さ、つまり気滞(きたい)という不調状態につながり、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、怒りっぽい、やる気がでない、などメンタルな症状として現れたりします。

このような春先のタイミングでさらに生活環境(家庭や職場など)で、ストレスを感じることがあると、気滞の状態がさらに悪化する懸念があります。

このような精神的なトラブルは、時に体の不調、例えば、下痢や胃痛・腹痛、不眠、めまいや血圧の不安定などの症状を引き起こすこともあります。

新入生や社会人一年生が、新しい環境からストレスを受けて五月病になることがありますが、これも実は「肝」の機能が悪くなっている可能性があります。

肝の不調におすすめの食養生として、

・春菊や三つ葉、せりなどの香味野菜
・ほうれん草、クコの実、金針菜(きんしんさい)、レバーなどの補血効果のあるもの
・オレンジ、グレープフルーツ、みかんなどの柑橘類
・ミント、バラ、ウコンなどのハーブ類
・ハマグリ、アサリ、シジミなどの貝類

があります。

漢方薬の生薬では、柴胡(さいこ)、薄荷(はっか)、陳皮(ちんぴ)を使ったものが適用されます。

陳皮は、みかんの皮を干して乾燥させたものをお茶として頂くこともお勧めです。無農薬のみかんが手に入ったら、是非、陳皮茶を。イライラを取り除いてくれますよ。

もし不眠の症状(寝つきが悪い、目が覚めやすいなど)があるなら、ゆり根やカモミール、なつめがおススメです。

このような気滞(きたい)の症状には、肝の疏泄(そせつ)機能を整え、体のバランスを取る、ストレスに強いからだになることを目的とした「逍遥丸(しょうようがん)」というお薬もあります。

逍遥丸は、女性の不妊や婦人病(更年期障害など)にも効果があり、精神不安やいらいらを鎮めます。

春は、特に、女性にとって要注意な季節。

上記に挙げたおすすめ食材やお薬で、気血を補い、免疫力をアップさせ、運動も欠かさないようにして、肝を健やかに保ち、難敵の春を乗り切りましょう!

逍遥丸や春の不調については、是非中田全快薬局までご相談ください。次回は、逍遥丸にも関係する妊活をテーマにお話しします。

アンチエイジングと活性酸素の関係は?

厚生労働省によると、2018 年の日本人の平均寿命は、男性は「81.09才」、女性は「87.26才」と世界的にも長寿の国であることは疑いようがありません。

ライフプランナーは、今の 40 才代のサラリーマンに、「あなた方は、100 才まで生きるのだから第三フェーズまでの人生設計、財務設計を今から考える必要があります」と言うようです。

つまり第一フェーズは、定年まで、第二フェーズは、定年から前期高齢者の 75 才まで、第三フェーズは後期高齢者として 100 才までの期間となります。

この部分の話は、このブログの「100 才を生き抜くための健康ダイエットとは」でも書いていますが、今回は、ダイエットではなく、アンチエイジングのお話しです。

皆さんは今の長寿が当たり前のように思われているかもしれませんが、実は、1950 年くらいでは男性は、58 才、女性は 62 才が平均寿命だったんです!この半世紀で飛躍的に寿命が延びたことが分かります。ある意味アンチエイジングとしての効果が出るようなアクションを日本人や日本社会が行っていたことになりますが、そこに貢献するのが、内的要因、外的(環境)要因の両面で、今までは、外的要因として主に医療(ガンの死亡率減少、感染症の防御など)の発展や医療機関に見てもらい易い保険制度が挙げられていました。もちろん医療の発展によるアンチエイジングへの貢献は、これからも続きますが、みなさん個人という意味では、これからのアンチエイジングは、内的要因に目を向けることが重要となります。

「老化」は、誰にも例外なく起こりますが、そのスピードを早めたり、遅くしたりは、個々の生活習慣が大きく影響することは、みなさんもご承知の通り!

テレビや雑誌など、いろいろなアンチエイジングの話題がある中で、医学的、科学的に確かなことは、老化に最も影響を与えている物質が、体内で発生する「活性酸素」だということ。

ただ活性酸素が人の健康にとって全くの悪者ではなく、時にガンなどを攻撃する良い面も持っていることもご理解下さい。

アンチエイジングに話を戻すと、単純に言えば、この「活性酸素」を増やさないように制御出来れば、人は長生きになるということです。

では、この老化という意味での悪者「活性酸素」、どうしたら増やさない、除去したりできるのでしょうか。

以下は、動物実験などで実証されていることで、

1. 食事のカロリー制限や特定の食材
2. 適度な運動
3. 特定のポリフェノール摂取
4. 特定の医薬品、漢方薬

などが挙げられます。

中田全快薬局が得意としている漢方薬で言えば、「丹参(たんじん)」という生薬に、活性酸素を
除去する効果を実証した研究発表があります。このことが直接アンチエイジングにつながるのかと
いう臨床結果は今後の研究を待つ必要がありそうですが、漢方にも、アンチエイジングの可能性に
ついて科学的な立証が出来る時代も遠からずではないでしょうか。

この丹参が含まれた漢方薬に「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」がありますが、現在の冠元顆粒の
効能・効果である高血圧、肩こり、腰痛などに加え、近い将来、アンチエイジングや認知症、糖尿
病などへの効果もうたわれる可能性を秘めた学術研究や臨床研究が数多く実施されていることも
事実です。

私達は、様々な体の不調を訴える 40 才代の方々に、時にこの冠元顆粒をご提案することがありますが、他の病気や不調が良くなったというご報告も少なからずお受けすることがあるのも事実です。

医薬品の世界で、プラセボ効果という薬効成分が無いにもかかわらず、効果が出てしまうという
現象がありますが、この冠元顆粒が他の不調を軽減したりすることは、プラセボ効果とは全く
違う面を持っていますので、医薬品を取り扱う薬剤師としては、患者さんの言葉がちょっと嬉しく
なったりもします。

一方、活性酸素を増やすのは、太陽光線、車などの排気ガス、高強度の運動、糖分摂取が認められています。夏に車の多い通りででランニングしている人は、活性酸素を出しまくり?ですね。

45 才を過ぎて、100 才まで生かされることになる現代。好むと好まざるとにかかわらず、私達は、
老化、望むべくは、ゆっくりした老化と付き合っていきたいものです。

その世代のフェーズに沿って、活性酸素と上手く付き合うことを考えなければならない時代です。

私達中田全快薬局は、アンチエイジングにとても興味を持って、最新動向をウォッチしています。

お薬だけでなく、運動やお食事、サプリメントなど、多くのノウハウも持ち合わせていますので、
是非ご興味のある方は、ご相談下さい。

認知症と漢方

高齢者の方には辛い寒い冬。暖かいお家の中に居続けたいのは、老若男女共通ですが、特に高齢者には、運動不足や高血圧などにつながって生活習慣病の症状、つまり血液や血管に良くない影響(脳梗塞や心筋梗塞など)を与えることが心配されます。

実は、こういった血管系のトラブルは、認知症へとつながっています。

厚生労働省によると、日本の認知症患者数は、2012 年時点で約 462 万人、65 歳以上の高齢者の約 7 人に 1 人と推計されています。さらに団塊の世代が 75 歳以上になる 2025 年には、高齢者の 4 人に 1 人が認知症あるいはその予備軍と想定されています。

一般に認知症とは、アルツハイマー病と脳血管障害による認知症がほとんどですが、近年アルツハイマー病の比率が高まっているようです。

脳血管障害の認知症では、脳の血管が詰まったり破れたりするものがほとんどですがアルツハイマー病は、遺伝因子と加齢、生活習慣が複合的に原因となっているようです。

このような認知症への治療において、最近の研究では、漢方の効果が期待できるものがいくつも報告されていて、特に脳の血流に良い効果を与えることが認知症の改善にも役立つというものが多いようです。

その一つは、「釣藤散(ちょうとうさん)」。このお薬は、脳の血流が悪くなったことで起こる「幻覚、妄想、睡眠障害など」を改善できるとされていますし、大きな地震の後に揺れていないのに揺れたように感じる、めまいやふらつきといった地震酔いにも効果があります。

もう一つの認知症への改善を期待できるものが「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」です。

冠元顆粒の主成分である「丹参(たんじん)」には、血管力を増す、つまり血流を改善したり瘀血(おけつ:血液がどろどろの状態)を改善することで、脳の細胞死が抑えられたり、記憶障害を軽減させる効果が認められ、脳血管障害となる脳虚血に対して効果が認められる研究結果(福岡大藤原教授、富山大横澤博士)があります。

お客様の中にも、当初、血圧高めの高齢者の肩こりや腰痛改善にと息子さんの薦めで飲み始めた冠元顆粒によって、認知症の初期症状と思われる、会話の噛み合わない状態から、三か月ほど経過した後、まともに会話ができるようになったと喜んでおられる方もいらっしゃいます。

最近ではストレスなど生活習慣の影響もあってか、若年性アルツハイマー病の方も多くなっているそうです。

認知症の予防は、周りの家族の方も巻き込む高齢者の寝たきり予防にもつながり、これからの日本の医療にとっても重要なテーマのひとつです。

高齢者の家族の方々から、冠元顆粒をおすすめ頂くのも良いかもしれません。認知症をご心配をされている高齢者の方や、そのご家族のみなさま、是非中田全快薬局までご相談下さい。

「乾燥」と「冷え」

暑かった夏が過ぎ、秋が過ぎ、あっという間に冬。その季節の変わり目に直接体に感じられるのは、一番が「乾燥」、二番が「冷え」ではないでしょうか。

秋冬になるということは、気温が下がることで夏の湿気がなくなり、空気が「乾燥」すると共に体にも乾燥の影響が出てきます。

漢方/中医学では、乾燥に弱い臓器は「」とされ、ここが弱ってしまうことで、喉の渇き、空咳、痰が切れにくいという症状が現れます。風邪ではないのに、時々空咳が出る、のどに違和感があるなど…

乾燥の対処として、「陰(いん)」を補うことが重要とされ、食養生として、酸甘化陰(さんかんかいん)という言葉で表されるように、酸っぱいものと甘いものを併せて摂れば陰が増えるという意味になります。

「乾燥」対策には、みかんや梨、びわなどの果物がおすすめです。
また乾燥は、皮膚や粘膜のトラブルも引き起こすため、乾燥肌でかゆみが出るヒトもいます。

このような乾燥から来る症状の方には、滋陰(じいん)、益気(えっき)、潤肺(じゅんはい)につながる、長芋、自然薯、レンコン、ゆり根、牛乳、豆乳、松の実、梨、みかん、びわ、サンマ、牡蠣などの食材がおすすめです。漢方薬では、麦門冬(ばくもんとう)が良く用いられます。

秋の乾燥の次に来るのが、冬の「冷え」ですが、既に秋口から、冷えに悩む冷え性のヒトも少なくありません。

漢方/中医学では、「冷え」のタイプとして、

胃腸虚弱型
瘀血(おけつ)型
陽気不足型
血不足型

の四つのタイプがあります。

先ず、胃腸虚弱型の特徴として、手足の冷えに加え、食欲不振、軟便、下痢、疲労感の強いことが挙げられます。

先ずは胃腸を整えることを考え、特に胃腸を温める食材を選んでください。例えば、みょうが、ねぎ、三つ葉、ほうじ茶、しそ、胡椒、しょうがなどがおすすめです。
漢方薬では、参馬補腎丸(じんばほじんがん)が適用されます。

次に瘀血(おけつ)型。このタイプは、血がどろどろの方なのですが、冷えにしびれや痛みが伴うことがあります。血の流れをスムーズにするために、玄米、ウコン、らっきょう、いわし、サンマ、シナモンなどの食材がおすすめです。
漢方薬では、冠元顆粒(かんげんかりゅう)が適用されます。

陽気不足型の特徴は、手足の強い冷えです。むくみや頻尿があるかもしれません。これを改善するためには、体を温めるため、山椒の実、ニラ、えび、ねぎ、八角、羊肉、しょうが、唐辛子などの食材をバランス良く摂取することが大事です。
漢方薬では、参茸補血丸(さんじょうほけつがん)が適用されます。

 

また血不足のヒトは、手足の末端の冷えがひどいヒトです。息切れや疲労感も強く出るかもしれません。このタイプでは、キノコ類、鶏肉、うなぎ、もち米、豆腐、鮭、クコの実、なつめなどの食材で血と体力を補います。
漢方薬では、婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)が適用されます。

乾燥と冷え、どちらも食養生と漢方薬の体質改善で、この秋冬の邪(じゃ)を乗りきりましょう!

乾燥や冷えのお悩みは、中田全快薬局までご相談ください。お客様の体質にあった乾燥や冷えの対応方法をご提案します。

カポニー産業製品の取扱いをはじめました

中田全快薬局では、下記のようなカポニー産業のお薬の取扱いをはじめました。

 

松寿仙(しょうじゅせん、カポニー産業)

私たちの体には、本来、生体機能のバランスを保ち、いつも健康を維持しようとする働きがあります。これを自然治癒力あるいは恒常性維持能力といいます。そして、この働きを賦活して健康を保持することを滋養強壮といいます。
松寿仙は、自然の原料であるクマザサ葉・赤松葉・朝鮮人参から抽出した有効成分により虚弱体質、胃腸虚弱の方及び病中病後、食欲不振、肉体疲労の時に優れた効果をあらわす滋養強壮保健薬です。

 

紫華栄(しかろん、カポニー産業)

私たちの体には、本来、生活における色々な刺激や変化に対し、生体の機能のバランスを保ち、いつも健康を維持しようとする働きがあります。この働きを自然治癒力といいます。そして、この働きを賦活して健康を保持することを滋養強壮といいます。 紫華栄はシコン(紫根)をはじめ、トウキ(当帰)・ニンジン(人参)など7種の生薬エキスをヨクイニン(ハトムギの種子)末に混合した顆粒剤で、これらの有効成分の働きによって、肉体の疲労・冷え症・血色不良・虚弱体質・発育期・胃腸虚弱・食欲不振などにすぐれた滋養強壮効果を発揮します。

 

新ササカール(しんささかーる、カポニー産業)


カルシウムは私たちの骨や歯をつくっている重要な構成成分です。また、そればかりではなく血液にとけ込んで全身に運ばれ、筋肉の働きや神経機能の調節、更に全ての細胞の働きに重要な役目を果たしています。成人の場合、カルシウムの一日必要摂取量は約600mgとされています。新ササカールはボレイ末とグルコン酸カルシウムに乳酸カルシウムを加えて一日量で約600mgのカルシウムが摂れるようにしてあります。ボレイ末は、昔から良質なカルシウム源として利用されているばかりでなく、漢方生薬の古典である『神農本草経』にも収載されている昔から重要な薬物の一つでもあります。グルコン酸カルシウムと乳酸カルシウムは胃液の中での溶解性が高く吸収の良いカルシウムです。また、新ササカールはカルシウムの補給と栄養・吸収のバランスを考えてビタミンB群とカルシウムの吸収を良くするビタミンDの前駆体であるエルゴステリンや多種類のアミノ酸を豊富に含有している乾燥酵母を配合してあります。
成長期のお子様から若い女性、或いは妊産婦の方、そしてお年寄りまで、ストレス社会に生きるすべての方を対象とした大変にのみやすい吸収のすぐれたカルシウム剤です。

———————–

上記でご紹介した以外にも各種お取り扱い商品がございます。

また、ご希望により、店頭にない商品もお取り寄せが可能です。是非中田全快薬局までお問い合わせ下さい。

活性酸素とスポーツと漢方

みなさん、ジョギングやランニングをしている人、最近特に多く見かけるようになりましたね。運動で、健康に気を使っておられる方が増えて喜ばしいです。

ただ少し気をつけて頂きたいこともあります…

それは「活性酸素(かっせいさんそ)」のこと。

活性酸素は、いわゆる「酸素」が過剰になり、酸素毒と呼ばれるものになって、体の細胞を傷つけて障害や病気を招いてしまうことがあります。

実際には、白血球が活性酸素を出して、体内に侵入した病原菌を撃退するという善玉効果もありますが、ここの発生メカニズムに異変が起こると過剰に作られて体を傷つけるということになるわけです。

活性酸素が発生し易いのは、

1. スポーツなどで大量の酸素を消費
2. 放射線や紫外線を浴びた
3. 自動車の排ガスや工場の排煙を吸った
4. タバコやアルコールを摂取した
5. 体内に病原菌が侵入し、過度の炎症を起こした
6. 血液の流れが滞ったり(瘀血、おけつ)、一時的に血虚(けっきょ)の状態になった
7. 抗がん剤を服用投与された

特に、マラソンでは、肝臓や腎臓の血流量が少なくなり、血が足りない状態になることもあります。

活性酸素は、下記の病気や不調の原因とも言われています。

老化、発がん、放射線障害、ストレス性胃潰瘍、十二指腸潰瘍、認知症、糖尿病、動脈硬化、リウマチ、白内障、アトピー性皮膚炎、てんかん、脳卒中、心筋梗塞、農薬中毒など

ただスポーツ(運動)⇒ 活性酸素 ⇒ 病気、というのは、安易な発想です。適度な運動は、運動しない人よりもはるかに老化防止や健康に寄与します。

問題は、多く発生した(かもしれない)活性酸素を早く除去することです。

例えば抗酸化作用の強い食べ物を食べるという方法があります。

抗酸化作用が大きい食品は、

・レモンなどの柑橘類
・納豆やみそなどの大豆発酵食品
・今流行りのモリンガ

がありますが、一般に酸っぱいものやカテキンの入った渋いもの(緑茶など)も効果があります。

マラソン後に緑茶を頂くことで疲れが取れるという人も少なくありません。

サプリメントにも、ポリフェノールを含む抗酸化作用のあるものも販売されていますが、一部の生薬(漢方)にも、その効果を与えるものがあります。

例えば、冠元顆粒(かんげんかりゅう)や婦宝当帰膠(ふほうとうきこ)、加味逍遙散エキス顆粒、麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)などがお勧めです。

 

上手く、活性酸素を制御しながら、無理のない範囲で運動、スポーツをすることが大事です。

スポーツをしている方、スポーツの疲れが取れにくいと感じらえている方、是非中田全快薬局にご相談ください。あなたの年齢や性別、体調に応じて、食養生や漢方をご提案します。

梅雨に備えた胃腸の養生とは

南国では、すでに梅雨に入ったようですが、私たちの盛岡、岩手は、つつじの季節!
暑い日もありますが、概ねいい感じの気温で過ごしやすい季節です。

盛岡の例年の梅雨入りは、6 月中旬頃ですが、今年は少し早いかもしれませんね。

今から、雨の季節に対して、からだの準備をしておきましょう!

実は、湿度の多い季節には、胃腸の問題が起こりやすいと言われています。

胃腸の消化機能が低下することで、食欲不振、だるさ、軟便下痢、むくみなどの症状が現れやすくなるのです。

もちろん胃腸が弱ることで、食中毒や胃腸型の夏風邪に罹ることも多いので、今のうちから胃腸の養生を考えておきます。

もしいつも梅雨の時期には、だるさやむくみが出ると仰る方は、

冬瓜、枝豆、そら豆、インゲン、長芋、オクラ、とうもろこし、蓮の実、ウナギ

を、漢方薬なら、健胃顆粒(けんいかりゅう)、健脾散エキス顆粒(けんぴさんえきすかりゅう)がおすすめです。

また梅雨時分には、胃腸型の風邪を引きやすい方は、

しょうが、しそ、ねぎ、みょうが、梅、どくだみ、山椒、八角、わさび、お酢

と五行草茶(ごぎょうそうちゃ)や板藍茶(ばんらんちゃ)がおすすめです。

これからの季節に胃腸の不安をお抱えの方は、是非、中田全快薬局までご相談ください。

妊娠力を高め、妊娠しやすいからだをつくるということ

寒い日と温かい日の変化が激しい季節です。この季節は、特に女性にとって肝(かん)の機能低下と自律神経のバランスを乱しやすいのでご注意下さいね。

さて今日のテーマは、「妊娠力のアップ」です。

昨今、高齢出産の増加に伴い、不妊に悩まれる方が増えています。ご夫婦の十組に一組は不妊症で悩まれていると言われています。

その主な原因の多くは、生活習慣やストレスに基づくホルモンバランスの乱れと言われています。

妊娠力とは、からだのバランスを保ち、赤ちゃんを迎えやすい準備をすることですが、漢方/中医学では、先ず、「」、「」、「」の三つを元気にすることに焦点を当てています。

「腎」「気」「血」を元気にするためには、先ずそれぞれの働きを低下させる要因を知り、それらを排除することを考えます。

」の働きを低下させているのは、冷え、睡眠不足、飲酒、偏食、運動不足、加齢です。

」の働きを低下させているのは、ストレス、不安・心配事です。

」の働きを低下させているのは、偏食、ダイエット、単調な食生活、冷えが挙げられます。

もちろん、妊娠力をアップさせるために、これらの要因を改善しつつ、ご夫婦それぞれの「体質」を知ることも重要です。

上記の三つの「腎」「気」「血」のどれが欠けてもバランス良い状態とは言えません。ご自分達の体質を知ることで、どの部分が欠けやすいのかが分かります

漢方/中医学のお薬での対応は、ご夫婦お二人の体質を見き分けた上で、適切な処方を致します。特に女性のための生薬「当帰(とうき)」を多く含む婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)は、不妊症の女性に欠かせないお薬で、「血」の働きを高めてくれます。

さらに漢方/中医学の考え方で、お薦めしたい不妊症への対処において、それぞれの妊娠力を知る手立てと、妊娠力アップの方法として、「周期調整法」という考え方があります。

基礎体温をグラフ化して頂くことで、低温期が長いタイプや高温期への移行時間が長いタイプなど、女性によって、そのタイプは異なり、このタイプを見ることで、不妊の原因も特定され、さらに適切な漢方処方によって妊娠力を上げることが可能です。

例えば、低温期が長い人は、卵胞の発育が遅く、冷えタイプに多く、多嚢胞卵巣症候群(PCOS)であることもあります。

また高温期の移行に時間が掛かる人は、排卵がスムーズに行われなていなかったり、卵胞発育不全の可能性もあります。

その他、波動が激しいタイプ、全体的に体温が高いタイプなど、それぞれに適した処方があります。

・月経期:気血の巡りを良くするもの、
・卵胞期から排卵期:血を養い、腎を補うもの、また血の巡りを良くするもの
・黄体期:血を養い、腎の陽気を補うもの

月経の周期に合わせて漢方でからだのバランスを整え、妊娠力をアップさせることが出来るということですね。

その他、不妊にお悩みの方は、ご自身の持病や体質によって、いくつもの不安を抱えておられることもあります

私たち中田全快薬局では、ご夫婦の妊娠力をアップさせるための生活習慣の改善や体質改善をご提案するとともに、西洋医学と漢方の考え方を上手くコラボさせて不妊治療に貢献したいと考えています。

是非、妊娠力アップに思いを寄せている方は、中田全快薬局までご相談下さい

春の足音と花粉と…

まだまだ寒い日が続いていますが、みなさま、体調は如何でしょうか。

既に東京以西の方では、気温が少しでも高めの日があると、花粉の飛散量が多くなり、花粉症の人にはつらい季節がやってきています。

私たちの住む盛岡や東北エリアでは、現時点では、まだ「少ない」という花粉情報ですが、今年は例年に比べて、多いという予報にもなっています。

今の内に花粉症の準備をしておいては如何でしょうか。

漢方/中医学では、花粉症について、以下の二つのタイプに分けて考えています。

1. 「冷えタイプ

このタイプは、くしゃみや寒気があり、水っぽい鼻水が止まらない、鼻や目のかゆみが特徴的な症状です。

このタイプへのおすすめの食材は、からだを温める効果のある、しょうが、ねぎ、しそ、があります。

またこのタイプに使われる生薬では、乾姜(かんきょう)、細辛(さいしん)、蒼耳子(そうじし)があり、漢方薬として、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)が代表的です。

 

2. 「熱タイプ

このタイプは、鼻や目、耳のかゆみや痛み、粘膜が赤く腫れ熱感があるなどが特徴的な症状です。

このタイプへのおすすめの食材は、からだの熱を取る、ミント、菊花、ごぼう、たんぽぽなどがあります。

またこのタイプに使われる生薬では、菊花(きくか)、辛夷(しんい)、蒼耳子(そうじし)があり、漢方薬として、鼻淵丸(びえんがん)が代表的です。

これら二つのタイプに共通するものとして、体質改善というテーマがあります。

漢方/中医薬では、花粉症の体質改善として、肺の働きを高め、バリア機能を強くすることもおすすめしています。

これらに有効なお薬として、バリア機能を意味する衛気(えき)を養う衛益顆粒(えいえきかりゅう)八仙丸(はっせんがん)があります。

 

中田全快薬局では、花粉症の症状や体質改善など総合的な処方を、その方の体質に応じて、ご提案しています。

是非、本格的な花粉症シーズンの前にご相談下さい。